共産党の言う「差別」「平和」「自由」は普通の日本語ではなく「特殊用語」「専門用語」であり本来の意味と異なる!!(レーニンの帝国主義、国家と革命を読めばわかる)

https://youtu.be/u8C7PFBqpS4 全国同和社の歌 自称「自由と民主主義の党」、日本共産党は「差別反対」「個人の自由」「労働者の権利」といったスローガン、公約を掲げている。 しかし、 共産党員の多くは、毎日をコンビニのおにぎりや、スーパーの安いパンで済ませて、貧困生活の中で党活動に専念している。 まさに、ベトナム共産党、キューバ共産党、中国共産…

続きを読む

共産党員は「日本語」ではなく「アカハタ語」を使っている。暗号解読しないと共産党の本当の言葉の意味は分からない。

・しんぶん赤旗を熟読、、「日共の閉ざされた言語空間」 「言葉とは単なる音であり、いくらでも偽装できる。」 日本共産党の使っている言葉、は共産党員やレーニンの本を熟読した人でしか解読できない暗号になっています。 例えば、「自由」・「平等」・「民主主義」・「平和」・「市民」・「連帯」・「自主独立」・「人権」という言葉を日本共産党やしんぶん赤旗はよく使っています。…

続きを読む

なぜ共産党員は「話が通じない」人が大半なのか。アカハタ語でしか話さない共産党員。オチンチン丸出しのアカハタ部屋おじさん。

日本共産党について次のような疑問を持たことは無いだろうか? 「共産党は良いことも言っているし、頭がいい人が多い。しかし大衆への宣伝やプロパガンダが下手だ。」 「共産党は選挙やデモのやり方が下手だ。もっとうまくやらないと。」 これは多くの左派やリベラルもさんざん提言しているはずだ。どうしてもっと上手くやらないのかと。 私は党組織に居たから知っているが、日共党…

続きを読む

蛇のように冷酷で怖い(暴力的)な共産党員。日本共産党人の化けの皮。スマイリングコミュニストの本音。日本共産党恫喝脅迫

・「野党共闘」で見えてきた、日本共産党の「共産党独裁・他党への差別主義」 日本共産党は「野党共闘」をうたっていたが、 やはり「しんぶん赤旗独裁」による独裁・迫害・粛清(しゅくせい)の本質をあらわにしている。 共産党員は、志位天皇とナチス不破哲三への批判を認めない。 まるでローマ・カトリックやオウム真理教のようだ。 「裏切者」「反共主義者」「工作員」「国賊」「売国奴」など…

続きを読む

「平等主義という悪」 上下関係や階級・階層・区別・家族制度があるから人間は「文化的生活」「文明的恩恵」を受けられる。

日本共産党の言う平等とは、普通の日本語の平等とは全く異なる、アカハタ語での平等とは「階級闘争」「秩序破壊」「党の独裁」の事である。 そして、多くの日本人も共産党系の知識人や大学教授、学校教師(全教など)を通じて、「間違った平等」を教えられている。 日本共産党の平等とは、日本語では「不平等」に近い転倒語である。 ・「上下関係」「階級」「年長者を敬う」を「儒教的」「差別…

続きを読む