韓国の保守主義者「「反日主義は幻想」は正論。共産主義者は日韓米分断を目指し工作をしている。



http://asian-reporters.com/hannichiminzokusyugiwodaha/

これはソウル大学の保守主義・親米右翼系の李栄恵教授の動画である。
今の幼稚な日本の知識人は見習うべきである。

https://www.youtube.com/channel/UC0ddvpoS9dg3EFWo62VarOA

李承晩TV(韓国のニューライト(親米親日保守主義)系のチャンネル)


日本帝国の韓国併合や侵略戦争を批判しつつ、

「昨今の韓国の何でも、日本のせい、日本人差別、日本憎悪病は誤りである」
という意見だ。
我が国の似非保守派(嫌韓反中ネトウヨ)の何百倍も知性と気品と道徳にあふれている。

韓国の保守主義者の李栄恵氏だが、英国のE・バーク、フランスのトクヴィル、米国のA・ハミルトンの系譜の真正保守主義者である。
日本の自称保守主義者の多くは、自覚・無自覚の「ロシア工作員」であり、「親日に偽装した反日主義」である。
(小林よしのり、櫻井よしこ、武田鉄矢、チャンネル桜、台湾レーニン主義者の黄文雄や李登輝)

韓国における「日本帝国主義批判」「日本が常に悪い」という集団的ヒステリーは、
「主体思想派」「従北派」(北朝鮮スパイ)の流しているプロパガンダであり、それにアホでバカな韓国の「左派民族主義者」が煽動されている結果である。

反共軍事政権時代の自由韓国こそ本来の韓国のレゾンデートルが発揮されていたのだ。


・「中国やロシア(北朝鮮」の軍事力を忘却させるための「日本タタキ」「日本攻撃」


北朝鮮と共産中国は「独裁とカルト体制」の全体主義体制である。
日本共産党のあがめるカルト思想、「科学的社会主義」「民族主義的民主主義(=レーニン主義)」の本質である。

一方日本国は、一応は、表面上だけでも、「自由民主主義」「平和主義」を掲げている。
また、日本の実態はともかくとして「世界で最も進歩的な日本國憲法」を持っている。
つまり、韓国にとって一番危険な国、憎むべき国は、ロシア(=北朝鮮)と中共である。

しかし、ロシア工作員(共産主義者)や主体思想派(北朝鮮の犬=反日民族主義者)は、
「日本を許してはならない!日本国や日本人を憎み続けなければならない!」と洗脳している。


一方で、我が国のネトウヨ、偽装保守(民族派右翼)は、

「韓国みたない、めちゃくちゃ国と断交しろ!!」「韓国民の国民性は最悪だ!!韓国を許すな!」

と、日韓断交・日韓分断工作を実行している。




これは間違っている! 真の日本国家と韓国国家は双方、国内の「従北の共産主義者」をせん滅する闘いをする必要がある。
今の日本の「日本VS韓国」という民族間・国家間対決は、ロシアと共産中国の注入している罠である。


ちなみに、韓国の統一教会・セブンスデーアドベンチスト教会、ヨイド福音教会などは「反日の共産主義系」であり、
親イスラエルのシオニスト系は「親米親日の保守主義」が多い。



・日本共産党と朝鮮総連の非合法化は絶対に必要である。ロシア大使館の閉鎖も


民主労連?のような韓国の「左派の労働組合」は従軍慰安婦(日本軍性奴隷)でも、
中国共産党系の赤色華僑団体と協力して、慰安婦像を建てている。

結局は彼らは女性の人権などどうでもよく「朝鮮を赤色統一して、日本もロシアの一部にする」のが目的なのだ。

ロシアの目的は日本を侵略して、日本国家の財産を奪うことである。(北海道は畜産・農業・資源で価値が有る)


日本国民はいいかげん「日本共産党と朝鮮総連の非合法化」をする運動を展開するべきである。
また、ロシアとの国交断絶の覚悟をして「ロシア大使館」の閉鎖も行うべきである。


「ロシアは敵国である、アメリカこそ最も信頼するべき同盟国」
「原爆投下と東京大空襲が、亡国戦争にあけくれた日本を救った」
という、「正しい保守主義的な歴史観」に立ちかえるべきである。
また、韓国の李栄恵のような「法の支配と保守主義」の勢力を全力で支援するべきだ。

日本国防軍をつくり、日米韓台比でシェアリング核武装をするべきだ。
沖縄県は、グアムのようにアメリカの自治領(コモンウェルス)になるべきだろう。


・近衛文麿の大東亜共栄圏は「大東亜共産圏」でありスターリンの利益で動いていた


韓国の病的な民族主義を日本は笑えるだろうか?

日本の場合も、

「大東亜戦争肯定論」「東京裁判は違法」「GHQが日本人を洗脳した」という大嘘がまかり通っている。

これら「反米民族主義」は「アメリカ帝国主義打倒 (ロシア軍国主義大歓迎!!)」の日本共産党の方向と全く同じである。

蒋介石の中華民国への侵略戦争(日中戦争)とイギリス・アメリカへの侵略戦争(太平洋戦争)からなる大東亜戦争肯定論は
大日本帝国を破壊するどころか現在でも「日本の異常な腐敗堕落」を招いてる。

中国共産党やロシア崇拝集団の「大東亜戦争肯定論」は日本人洗脳に大成功した。

右翼や保守をほぼ乗っ取ってしまった。
日本の反韓民族主義、反米の大東亜戦争肯定論も、ほぼ確実に日本を滅ぼす。


・蒋介石の中国(中華民国)とマッカーサーの米国に謝罪と感謝をして、
 我ら日本人は謙虚に自由を守る戦いをするべきだ


靖国神社はマッカーサー記念公園に作り替えた方がいいだろう。
「アメリカの51番目の州になること」「イギリスの防衛委託地区になること」が日本国家の最後の生存方法だろう。

それが嫌なら、日本国防軍を今すぐ作り「一億層反共・国防体制」をつくるべきだ。
既に韓国政府は北朝鮮に操られている。
極左革命政権の安倍自民党も同じである。

自由とは全体主義と戦って始めて手に入るのだ。

在日米軍基地も沖縄と北海道に集中させているのは無責任・反道徳的である。

関西地方や中部地方に、追加で戦車師団を6つは作るべきだ。また兵站(補給や輸送)の部隊も10倍に増やすべきだ。
九州は島ごと要塞化する。現実的に出来るできないはともかく、これくらいが理想である。

日本国防軍と核武装、これは日本国家の生存に必要である。
それをしないなら、日本人はユダヤ人のように「国家を持たない民族」として世界をさまようだろう。


日本共産党とその犬は、「平和を守れ!」と言うが、それを彼らの親玉のロシアに対して言う事は無い。

世界の平和を破壊して、テロと戦争を起こしているのはイスラム教と共産主義である。


私は思います、「核兵器の無い世界」「戦争の無い世界」ではなくて、
「イスラム教を包囲する世界」「共産党とマルクス・エンゲルス思想を禁止する社会」こそ、
真の平和主義者なら唱えて連帯していくべきなのです。