鬼のようにレッテル張り「脅迫電話」をしてくる共産党員達



zennei.jpg

・個人的に、境界性パーソナリティー障害だった後藤党員


後藤は個人的にパーソナリティー障害なのか、
私が雑誌前衛をお願い(命令)どおりに取らなかっただけで

「嘘つき!!裏切者!!」と顔を真っ赤にしてきて机をバンバン叩いてキレてきた。

「お前は恩をあだで返すのか!!」と言ってきた。

脅迫電話を夜中でもかけてきて、私はノイローゼ気味になった。


もちろん、共産党員の全員がそんな人ではない。
個人的にはいい人もたくさんいる。

後藤のこのエピソードを話すと、「なんだそりゃ!」「同志が迷惑かけました。すみません。」と言ってくれた
心優しい人もいる。
私は彼らに感謝したい。


精神的に結構へこんだからありがとうございました。

しかし、日本共産党のそういう「体質」は人格障碍だと思われる後藤に関わらず持っていると思う。




・電話攻撃、、、、深夜でも電話してくる



共産党員の社会的常識の無さには本当に驚かされる。
私も日本の忖度や、空気を読む文化は大嫌いだが、、それにしても共産党は迷惑行為を平気でする恐ろしさがある。


夜中の22時に「電話」で、セミナーやタウンミーティングへのお誘いが来るのだ。
私も上司の党員から、電話リスト順に電話しろと命令されたことがある。

しかも1週間に3回、4回以上もあるのだから迷惑すぎる!!


これを「労働者階級のため」だと思い込んでいるのだから恐ろしい。


・「脅迫電話」が一日に何度もかかってくる恐怖


私が「反党分子」「教条主義者」だと一方的にレッテルを張られたときに、党員からの脅迫電話がなんどもかかってきたことがある。
理性もなく、「○○主義者!!」「裏切者!!」「工作員!!」と一方的に罵倒してくる。

謝罪しても無駄である。一度、党委員会から「反党分子」だとレッテルを貼られた者は、
精神的に追い詰めて廃人になる寸前まで壊れるまで糾弾してくる、、、、。

「謝ったら許してもらえると思っているのか!!」と党員らは私に行ってきた。

KGBや文革紅衛兵、ポル・ポト派の集団リンチと同じである。


自称「スターリン主義ではない」日本共産党だが、脅迫、恫喝、を平気でしてくるのである。


しかし、元共産主義者の私でさえ不思議である。
「党中央を批判した」という事がどうしてそこまでの大きな罪なのか。


党を批判したり、党活動に参加しないことがなぜ、「妨害工作」「反共主義」になるのか?

昭和天皇と日本共産党は何が違うのか? 





・日本共産党の「論破テクニック」、、ひたすらレッテル張りで「党の敵として憎み続ける」


ネトウヨが「韓国」「朝鮮」をこの世の悪の結集のように憎むごとく、
日本共産党員は「レッテル張り」で激しい憎悪を続けてくる。

日本語が全く通じない。「党の敵」というだけで死に値するかのような怒りをぶつけてくる。


共産党員が使う罵倒用語、レッテルは以下である。


トロツキスト・・・・もともとは国際主義を掲げたトロツキー派のこと。他の左翼にステレオタイプ(十把一絡げ)に使う。

教条主義者・・・・社会主義の理想を党運営より優先する人。共産党の本音と建前の矛盾を指摘すると使う。

修正主義者
・・・・・もともとはソ連派が、マルクス主義を批判する社会主義者に使っていた。

親中派、媚中派・・・・中国共産党になびく人。転じて、中共のスパイや、中共に責任転嫁しない人。

観念論者・・・・しんぶん赤旗に書いていないことを主張すると、観念だと断罪。

感情論者・・・・党を批判する人。

反共主義者・・・党を批判する人。

スターリン主義者・・・ソ連(北朝鮮)や中国への罵倒。ソ連や中国は社会主義ではなくスターリン主義であり、
           日本共産党は全く違うという大嘘のために使用。

工作員・・・・私のように、日本共産党内部からの党批判者。勝手に新左翼のシンパだと断定。


とにかく、日本共産党は「日本共産党を批判する者」にレッテルを貼って、

「お前が間違っている!!」「お前が道徳的に劣っている!!」と罵倒、恫喝してくる。


これはスターリン主義や、北朝鮮の将軍様王朝と何が違うのか。