「科学的社会主義」というカルト宗教。しんぶん赤旗を「絶対神の言葉」とする排他的カルト宗教。


PRJ2.jpg

日本共産党は公式に、「科学的社会主義」を唯一の公式思想とすると断言しています。

「日本共産党 規約」

党は、科学的社会主義を理論的な基礎とする。
https://www.jcp.or.jp/web_jcp/html/Kiyaku/index.html


「科学的社会主義」とはなんなのでしょうか?
私は、労働者学習協会(共産党のマルクス思想学校)で学習しました。だからこそ、彼らの言う「科学」というカルト思想を知っています。


科学的社会主義とは要するに、「フォイエルバッハ、ヘーゲル、マルクス、エンゲルスの4人の思想・分析のみが正しい」とする
排他的な宗教思想です。

Wikipediaにもこう書いて有ります。
マルクス主義(マルクスしゅぎ、ドイツ語: Marxismus)とは、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスによって展開された思想をベースとして確立された社会主義思想体系の一つである。しばしば科学的社会主義(かがくてきしゃかいしゅぎ)とも言われる[1][2]。


そして、「日本共産党の言うところの科学的社会主義」とはもっと特殊です。
「日本共産党は、中国共産党やソビエト連邦共産党の歪めた独裁イデオロギーを排除して、マルクス主義を正しく、論理的に再構築した」
と自称しています。

つまり、日本共産党の言う科学的社会主義とは「日本共産党の決定が絶対に正しい」という独裁宣言なのです。



・科学とは何か?

科学とは「圧倒的に、反証が可能な客観的な出来事」、、つまり多くの実験や検証により正しいとされたことです。
また、「すべてを疑い、疑問に持つ」という批判精神が科学には必要です。
しかし、日本共産党の言う「日本共産党のみが、世界一正しいマルクス的な思想を分析した」というのは自称です。

志位委員長が、20年間も委員長を独裁をしている事、選挙をするたびに議席を減らしている事を科学的に疑えない人々が、
「科学的な集団を自称」しているのです。
日本共産党が、科学的集団ならなぜ選挙で毎回負けている、そしてそれに対する分析や反省が出来ないのでしょうか。



・日本共産党の「科学的社会主義」とはカトリック教会のローマ法王信仰と同じ(=つまり宗教)です


とある阪神タイガースファンを名乗る男が、

「阪神タイガースは、巨人軍の腐敗堕落と戦い、もっとも科学的に野球を分析して、科学的野球を現代によみがえらした。
 阪神タイガースの野球はイデオロギーではなく科学である。
 好き嫌いのような観念論ではなく、客観的事実として阪神タイガースは正しい。

 色眼鏡をかけず、科学的、論理的な思考ができる人なら、阪神タイガースの野球が一番科学だと分かるはずだ。
 阪神タイガースの野球はもっとも科学的で正しい。」
 


こんな自称阪神ファンがいたらどうだろうか??
こいつは頭がおかしい、あるいは、この人は阪神ファンがこういうカルト的な集団だとみせるためにわざとファンに成りすましている
アンチに違いない、と思うはずだ。


しかし、日本共産党はどうどうとそれを言っている。綱領にも書いている。

日本共産党の社会主義以外の、社会主義や左翼思想であっても「非科学な空想的社会主義」なのだ。
保守勢力、右派勢力は「倒すべき敵」でしかない。

日本共産党の言う科学的社会主義を信じない者は、「科学や文明を否定する野蛮人」なのだ。





もしあなたが左翼なら、日本共産党に入ってはいけない。
そこは社会主義、労働者の権利とはもっとも遠いところだからだ。