共産党の言う「差別」「平和」「自由」は普通の日本語ではなく「特殊用語」「専門用語」であり本来の意味と異なる!!(レーニンの帝国主義、国家と革命を読めばわかる)

https://youtu.be/u8C7PFBqpS4 全国同和社の歌 自称「自由と民主主義の党」、日本共産党は「差別反対」「個人の自由」「労働者の権利」といったスローガン、公約を掲げている。 しかし、 共産党員の多くは、毎日をコンビニのおにぎりや、スーパーの安いパンで済ませて、貧困生活の中で党活動に専念している。 まさに、ベトナム共産党、キューバ共産党、中国共産…

続きを読む

共産党員は「日本語」ではなく「アカハタ語」を使っている。暗号解読しないと共産党の本当の言葉の意味は分からない。

・しんぶん赤旗を熟読、、「日共の閉ざされた言語空間」 「言葉とは単なる音であり、いくらでも偽装できる。」 日本共産党の使っている言葉、は共産党員やレーニンの本を熟読した人でしか解読できない暗号になっています。 例えば、「自由」・「平等」・「民主主義」・「平和」・「市民」・「連帯」・「自主独立」・「人権」という言葉を日本共産党やしんぶん赤旗はよく使っています。…

続きを読む